読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつみかんの日記

~慶應義塾大学通信教育課程67期~ どうしても叶えたいライフワークがあるので、通信制の大学で英米文学を学ぼうと一念発起。

Bring vs Take

英語学習

BringとTakeの使い分けも、ややこしいですよね。

 

両方、持っていくという意味で使われるのですが

どの場合はBringを使う…とか

なんとなく使えちゃってる人がほとんどだと思います。

 

でも、なんとなくじゃ納得できない人もいますよね。

私もそんな一人です。

 

で、BringとTakeの使い分けに関して調べてみたのですが

端的に説明すると

 

Bringは、自分以外の誰かが物を持っていく時

Takeは、自分が誰かのところに物を持っていく時

 

に使うそうです。

 

たとえば、

He brought this book to her place yesterday.

この場合は自分じゃない誰かが

本を彼女のところに持って行ったから

Bring(Brought)を使います。

 

では次に、

 

I'll take you to his place sometime soon.

このケースは

私があなたを彼の場所に連れて行くので

Takeを使う、という感じです。

 

ちなみに、ファストフードのTakeoutも

自分が食べ物を外に持っていく

ということから派生しているんです!